不妊症に対する鍼灸治療について

近年、食の欧米化による生活習慣病の広がりやストレスの影響により、複数の病気を抱える人や特に異常が無いにも関わらず、身体の症状を訴える人が増えています。そんな中、様々な病気への対応が可能な鍼灸治療が注目されています。
鍼灸は中国が発祥の伝統医学で、鍼や灸を使用してツボに刺激を与えることで、身体のバランスを整える治療法です。一般的に、腰痛やひざの痛みなどの症状に対して施されていますが、便秘や頭痛など様々な病気に対する効果が認められています。中でも最近注目を集めているのが、不妊症に対する効果です。
不妊症とは、自然に妊娠することが出来ない状態や、一定期間妊娠を継続することが出来ない状態をいいます。男性側や女性側のいずれかに障害がある場合、もしくは両方に要因がある場合と原因は様々です。
男性側の原因で最も多いのが精巣の障害で、無精子症や精子無力症などが挙げられます。また、精子の通り道である精路や性交時の障害が要因となることもあります。
女性側の主な原因としては、無月経などの排卵時、受精する場である卵管、受精卵を育てる子宮のいずれかの障害が要因となっており、最も多いのは卵管の障害です。
一般的な治療法には、排卵の時期とタイミングを合わせる方法や人工授精、薬の使用などがあります。ホルモン剤や排卵誘発剤などの薬は、副作用や他の臓器への影響も考えられ、更に妊娠しにくくなる可能性もあります。また、妊娠しても出産に至らない場合や原因が特定出来ない場合もあり、治療が上手くいかないことも少なくありません。
原因が特定できないものや出産に至らない場合の多くは、ストレスや日常生活の乱れが関係しており、血管や筋肉が硬い、血流が悪い、冷え性であるなどが主な理由として挙げられます。これらの解消には体質改善が必要であり、そのサポートとして鍼や灸を使用します。身体のバランスを整える鍼治療や、冷えに有効とされる灸を施すことによって、ホルモンなどの内分泌や内臓の働きを良くし、妊娠が成立し易い体にしていきます。副作用が無いため妊娠前後でも治療を行うことが可能である点や、ストレスなどの心理的な要因に対しても効果がある点が主なメリットです。
不妊症は一般的に知られる問題であるにも関わらず、医師との間に認識の差があったり、治療が進まなかったりしています。身体だけでなく、心のバランスも整える鍼灸に新たな治療法としての可能性が期待されています。

妊娠を希望するなら不妊専門院を受診することが確実な方法です。 原因不明のまま治療を進めても解決は難しいです。 産みたいのに授からない悩みを解決する治療です。 どこの企業、会社においても、主力商品・サービスというのはとても重要なものですので、注目されています。 不妊治療は夫婦ともに受診されることをおすすめします。 今後妊娠を希望される女性の方へ子宝治療院の施術をご紹介。 不妊症の鍼灸はお気軽にどうぞ

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by " rel="generator">WordPress